カードローンの利用を秘密にしておくためには

カードローンを利用していることを秘密にしておきたい、という方は少なくありません。カードローンやキャッシングは、以前より身近になり、世間にも浸透してきています。家計をやりくりするのにカードローンを使うのは常識と考え、オープンに使っている方もいます。それでも使い方の良し悪しに限らず、家族に内緒で使っている方は多くおり、むしろ増えています。
昔に比べ、借金していることを秘密にできる確率はかなり上がっていると思われます。というのも昔はローンカードや契約書、利用明細書などが自宅に郵送されており、家族の目につきやすい状態だったからです。カードローンとは分からないように配慮してあったものの、封を開けられてしまえばすぐに分かってしまうため、秘密にするのはなかなか大変だったのではないでしょうか。しかし、現在はオンラインでのやり取りが主流であり、電話確認などはあるものの、郵送されていた書類のほとんどがオンライン上で確認できるため、家族にバレる心配は大分減りました。
電話確認などは依然として行なわれますが、個人の電話としてかかってくるので金融業者であることは伏せられています。それでも心配であるなら、主要な連絡先を携帯電話の番号にしておけば自宅の固定電話にかかってこないようにすることができます。またカードローン審査に関しても、電話連絡をしてほしくない理由を伝えれば、別の方法で対応してくれることもあります。
ローンカードの受け取りは、店舗窓口や自動契約機を利用することで郵送されるのを防ぐことができます。Webで申し込みを行った後、直接店舗まで行ってカードを受け取ることができるのです。行き先は銀行であるため、消費者金融と違い、借金をしたとは思われにくいでしょう。またカードローン専用口座を作っておくのも良いでしょう。通常の口座から返済を行なっていると、通帳記入したときに返済金額がログに残ってしまい、そこからバレる可能性があります。
明細書を郵送されないためには二つのことに気をつけなければなりません。ひとつは、明細はすべてWebで確認できるようにしておくことです。そのためにも、会員ページには必ず登録しておく必要があります。そうでなければ利用明細書はすべて郵送されてきてしまいます。もうひとつは、なるべく自社ATMを利用するということです。提携ATMを利用すると、後日利用明細書が郵送されてしまうことがあります。その場で利用明細書を出してくれるATMもあるので、近くに自社ATMがなければ、そちらを利用するようにしましょう。
もっとも気をつけなくてはならないのが返済の催促や督促状です。返済が延滞してしまうと電話やハガキなどで送られてきます。借金をしていることに加え、返済が遅れていることまでバレてしまうため、非常に危険な状態になります。返済は確実に行ない、もし遅れそうであるならすぐに銀行に連絡して、いつまでに支払えるかなどを具体的に伝えましょう。

関連記事